洋裁と木工と多肉植物大好き♪


by 35853
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0326739_14201392.jpg



型紙:aviver Aラインペタルチュニック(カットソー) Free L
生地:マスタード:綿ニット(割と薄手)、黒:チュール(伸縮性あり)

母の誕生日なので、プレゼントに!
d0326739_14204126.jpg


本当は、下身頃・上身頃の2枚仕立ての仕様ですが、1枚仕立てにアレンジしています。

首回りは見返しパーツを作り
d0326739_14212981.jpg


下身頃は下部分だけのパーツを作り、上身頃とはぎ合せています。
d0326739_14214695.jpg


最後に気づいたのですが、袖のロックミシン部分が着た時に見えます。
生地と同じ色の糸がなくて・・・・>< 逆に白の糸のほうがましだったかな。


ハンドメイド(洋服) ブログランキングへ


[PR]
by 35853 | 2015-09-26 14:24 | ハンドメイド:大人服 | Comments(0)
d0326739_12242627.jpg

主人がタンスを買いたいと。しかし、タンスは中のものが見えないし埋蔵品が増えるしということで、反タンス派の私はずっと拒否ってきました。
しかし、私が買わないのならば、自分で・・・というような姿勢が垣間見れましたので、でかいタンスがうちにやってくる前に、家にあるもので作りました。

カラーボックスを白に塗ります。
d0326739_12115519.jpg
何の為か忘れましたが、以前作った、すのこ状のパーツと合体。
d0326739_12122299.jpg
カラーボックスの片方には、コロコロキャスターを付け、左を持ち上げれば移動できるようにしています。
d0326739_12152983.jpg
ホールソーで穴を開け、丸棒をセッティング。丸棒の方が細かったので、レジン液を丸棒の端に塗り、太陽で固める、という方法で、穴にぎゅっと押し込めてちょうどのサイズにしています。
d0326739_12153965.jpg
カラーボックスのほうは、穴は貫通していません。
d0326739_12162933.jpg
カバーも付けました。
d0326739_12172949.jpg
自在ワイヤーは、高さ(長さ)調整ができて便利です。本当はピクチャーレールに使う予定だったのですが、余っていたので。
d0326739_12190181.jpg



ハンドメイド(洋服) ブログランキングへ

[PR]
by 35853 | 2015-09-08 12:08 | 木工・DIY・インテリア | Comments(0)
d0326739_12023853.jpg
生地:ひつじのショーンオックス生地
副資材:差込錠

オーダーいただいたので久しぶりに電動ドリルを休んで、ミシンを。

型紙パーツの多さに一瞬ひるみますが、裁断してからはこれで3個目の作成なので勝手がわかっているからか早いです。
d0326739_12031026.jpg
こっちにもカード収納
d0326739_12043550.jpg
あっちにも。
d0326739_12045372.jpg
小銭も入ります。
d0326739_12050497.jpg
気に入ってもらえますように・・・


[PR]
by 35853 | 2015-09-07 08:59 | ハンドメイド:小物・バッグ | Comments(2)
d0326739_11522182.jpg
先日の台風で、庭のいろんな物について、移動のしやすさを考えるようになりました。
それに、夏の直射日光に弱い観葉植物たちに、半日陰を作ってあげたくて、棚をつくりました。
前に作っていた↓これが台風で倒れたので、解体して材料に。
d0326739_12071961.jpg

お手本は市販の室外機カバー。
d0326739_11542601.jpg
蝶番(ちょうつがい)でパタっとたためます。
d0326739_11545577.jpg
d0326739_11551970.jpg
元々あった棚にサイズと色を合わせて作ったので、画像1枚目の通りピッタリ。
d0326739_11553623.jpg

[PR]
by 35853 | 2015-09-06 11:52 | 木工・DIY・インテリア | Comments(0)
d0326739_11223438.jpg



どうしても増えていく多肉植物(主にエケベリア属)。見やすいように飾りたくて作りました。
アイデアは、Bee houseさんの作成された多肉棚からいただきました!

以前作った多肉棚(といってもベンチみたい)を解体して材料に。
d0326739_11251471.jpg

傾斜(角度は不明ですが、前後で3センチ分の高さ違い)を付けて棚板を。
d0326739_11264555.jpg

裏に金網をタッカーで打ち付け、
d0326739_11272213.jpg

2.8ミリドリルで左右に穴をあけ、
d0326739_11274586.jpg

番線を金づちで打ち込みます。
d0326739_11281651.jpg

金網は、10センチ40円位でホームセンターで売られています。50センチ買っても200円。
d0326739_11292818.jpg

番線は140センチ×10本で180円位なので、驚くほど低予算でできます。同じような棚が5000円前後で売られています。
傾斜がついているので、お日様の当たり具合もよいみたい。番線で作ったストッパーのおかげで落ちてもこない^^とっても気に入ったので、2個目作りました。
d0326739_11304377.jpg

【番線をカットするコツ】
番線は加工しやすいですが硬くて、切るためには・・・といろいろ試してみました。
一番簡単だったのは、食い切り(喰い切り)という道具を使った方法。食い切りは元々はファスナーを加工するための道具です。ファスナーのムシ金具を文字通り、食い切るためのもの。
私が使っているのはこれ。
EN-115喰切(くいきり) バネ付

EN-115喰切(くいきり) バネ付
価格:1,278円(税込、送料別)


これで、番線の切りたい部分を周りをぐるっと、ちょこっとずつ、削り取って(むしり取って)いきます。
すると、手で曲げるとポキンとすぐに折れて切れます。

番線切りの専用の道具も売ってありますが、手元にあるもので済ませたかったのです。


ハンドメイド(洋服) ブログランキングへ


[PR]
by 35853 | 2015-09-05 10:19 | 木工・DIY・インテリア | Comments(2)
d0326739_1057955.jpg



捨てようとしたせんべい缶・・・
サンダー(やすり)がけして、ホワイトペンキを塗り、あまり錆びるのが嫌いなので防水材を塗り・・・
d0326739_10573740.jpg

丸棒を7センチに切った中心に3ミリドリルで穴を開け、そこへ番線を通す。これが取っ手です。
d0326739_10593418.jpg


最近、番線(バンセン)にはまっています。ホームセンターでなんと140センチ×10本で180円くらい!
d0326739_111568.jpg

3ミリ位の太さ。頑丈なんだけど、ペンチや手でなんとか曲がります。アイアンチックなDIYやリメイクにもってこいです。
中心をぐるっと曲げて束ねて売ってあるので、中心部分をまっすぐするために、ある程度手で伸ばしてから・・・
まな板状の板2枚にはさんで、ゴロゴロします。ある程度、まっすぐになってくれます。
d0326739_1133124.jpg


【除光液で転写の方法】
今まで、リメイク缶を作る際、シール&防水材や、デコパージュ、ステンシル、スイテイズオンインクでスタンプ・・・いろいろやってきましたが、画期的な方法を発見しました!(というか、ネットで見つけた^^)
印刷物を、再度反転印刷させて、その印刷面を対象物にあてて、上から(ただの)除光液をしみこませたティッシュなどで押さえる。

なんと簡単!最初の白いバスケットもこの方法です。下地に白いペンキを塗っているので、長時間かかると紙がペンキとくっついてはがれたりします。
なので、短時間で上からぎゅーっと押さえたり、こすったりします。

コツは、除光液を少な目で試してみること!

多分、トナーインク(レーザープリンター)でないと、できないのかも。うちは、レーザープリンターです。
インクジェットしかない方は、コンビニへGO!

「反転印刷」とか、「鏡像印刷」とかで、必ず反転させてください。そして印刷面を対象物に当て、上から除光液でこする。私はテープなどで紙を固定せず、ささっと手で押さえてやりました。

素焼きの鉢にもやってみました。
d0326739_1110457.jpg


お気に入り:Favori
多肉植物:Usine charnue
木工:Menuiserie
裁縫:Couture
そして子どもたち:Les meilleurs enfants

とフランス語で書いてみました。エキサイト翻訳だのみです。
フォントは、こちらからいただきました。Honey Script

素焼きの鉢の、排水性と通気性を損ねると嫌なので、こちらは防水材で文字部分を保護していません。
どの程度、文字が持つでしょうか。経過観察してみようと思います。

ちなみに、除光液で転写するこの方法、カラーコピーでもいけるみたいですよ!文字の入っていない写真とかなら、反転印刷しなくてもいけますね^^

こちらの図案はmihoのプリント素材さんの所からお借りしました。ペンキ缶も変身しました♪

[PR]
by 35853 | 2015-09-04 11:18 | 木工・DIY・インテリア | Comments(2)